弘前さくらまつりに行きました

2019年4月25日津軽・青森の歴史周遊記

満開となる本日25日は残念ながら雨とのことだったので、天気がくずれる前に! と24日の午前中に行ってまいりました。
写真って撮ったら撮りっ放しのことが多いのですが、最近は手軽におしゃれな加工が出来ていいですね~。スマホだけでなくクリスタでも加工したりするんですが、2018年11月のアップデートで追加されたJpegノイズ除去機能が大活躍してくれるので大助かりです。

この日もあにくの曇り空でしたが、青空が透けて見えるくらいの薄い雲でしたし、午前中は晴れ間もありました。なにより汗ばむくらいに暖かい! 薄着でも平気なぽかぽか陽気でいいお花見日和でした。

観光客は多かったものの、平日午前ですから歩けなくなるほどではなくて良かったです。国外の方が本当に多くなりました。散策する分には問題ないのですが、やはり屋台が混みますね~。
弘前の屋台はバラエティに富んでいるなと思います。個人的にくるみみそだれの焼き団子(けっこう大きい)がおすすめです。くるみが好きなので。

カモの2匹連れ

側溝のような水路(階堰または堀川とも呼ぶそうです)が濠に沿ってありまして、そこをカモが泳いでました。濠と水路の間は道があって人もたくさん通っているにも関わらず、逃げもせず2匹でずっと泳いでいるんですよね。デート中だったのかも。
無遠慮に撮ってしまいましたが、ぼーっと見てても飽きないんですよね……頭を水中に突っ込んで餌を探してる姿とか……鳥のお尻可愛い。

鳥と言えば弘前にはふくろうカフェがあるんですが、そこのお店が屋台に出張していました。帰り際に発見したので入口の客引きフクロウさんを眺めるに留めましたが、ふわふわしてて可愛かったな~。

去年の思い出話

去年のさくらまつりではブルーインパルスが展示飛行しに来てくれたんですが(2018年でさくらまつり100周年だったので。ちなみに自粛期間があったのでその期間を除くと2020年で100回目になるそうです)、藤崎に近いりんご畑からブルーインパルスが弘前公園に向かう姿を見ていました。どこから来るのかと空を眺めていたら、航空自衛隊の車力分屯基地のある方面から飛んできたブルーインパルスが、本当に頭上を通過していったことをよく覚えています。

でもその時はさくらまつりには行かずに、オープンしたての弘前藩歴史館と高照神社に連れて行かれたのでした。私はさくらまつりに行く気でいたんですが、連れてってくれた方が絶対こっち!と…(笑)。

実は高照神社に初めて訪れたのがその日で、どんな神様が祀られているかとかも全く知らなかったんですが、津軽をテーマに扱うなら知ってた方がいいだろうなという神社だったので、行って良かったなぁとつくづく思います。高照神社の御祭神である津軽信政公がいなければ津軽塗は生まれていなかったかもしれないなどなど、津軽に住んでいても知らなかったことをたくさん知ることができました。
少しずつ勉強しながらこれからも津軽にまつわる創作活動をがんばっていきたいものです。

2019年4月25日津軽・青森の歴史周遊記

Posted by 春呼屋