サイト更新用にFireHD8タブレットを購入しました

2018.10.20備忘録

ここ最近、電車が主な交通手段になったのですが、やっと長時間ガタゴト揺られるのにも慣れてきました。余裕が出てくると移動時間で文章打ったり、家でパソコンを起動せずにアイデア出しや更新作業をしたくなってきたので、思い切ってAmazonタブレット・FireHD8を買いました!

FireHD8とキーボードとタッチペン

なんとお値段8,980円……タブレットがこんなに安いとは……!

当初はウルトラモバイルPCかポメラ辺りを購入しようと思ったのですが、最低でも2万円台からで、テキストの打ち込みという使用用途にはいささかオーバースペックでして。でも長文打つならキーボードがあることは必須条件だったので、そこをどうしようかなと情報を色々と見て回ると、どうやらこのタブレットにBluetoothでキーボードを接続してブログ記事を書くなどをしている方がけっこういらっしゃるらしい。まさにそれがやりたかった……!

レビューを読む限りでは私の使用方法ならまず満足のいくスペックみたいだし、試してみてやっぱり目的に合わなかった、となってもあんまりダメージにならない価格なので、入門用タブレットとしては最高なのではないでしょうか。

Androidアプリが使えないと厳しいかなとも思いましたが、ちょっと手間をかければ使えるとのことだったのでそこもクリア。

というわけで、今回購入したのがこちらの四点です。

個別メモ

それぞれの用途とか、ちょっと使ってみての感想。

FireHD8

ちょうど今月マイナーチェンジした新しいものが出たばかりだそうです。
Wi-Fiが繋がってクラウドアプリを使えればオッケーなので、非の打ち所がないとしか言いようがない……。
サクサク動くという感じはありませんが、もたつくということもないです。
記憶容量は16GBの方を選んだので、ビデオやkindleを使う気はあんまりないのですが、SDカードで400GBまで拡張できるので気が向いたらやってみようかな?
GooglePlayのインストール方法は検索すればザクザク出てくるので、拍子抜けするほど簡単にインストールできました。

Bluetoothキーボード

出来るだけ小さめで、かつスマホやタブレットを立てておける溝が欲しかったのでこれです。膝に載せて使いたいので、一体型が用途に適しているかなと。
単3電池で動くので、ちょうど使い道が少なくて持ち腐れていた充電池が大活躍です。倒れないようにか多少の重量感はあります。
遅延に関しては、矢印キーやBackSpaceキーを長押ししてると遅いと感じるくらいでしょうか。
キーボードスタンドに設置すれば自動で電源onになり繋がってくれるのでこれも楽チン。

タッチペン

スワイプ操作のできるタブレットならではの利点だったのですが、タッチペンを持ちながらキーボードを打てるので、マウスに持ち変えることをしない分無駄な動作が減るという効果がありました。ある程度長さがある方が持ちやすいです。
スワイプは問題ないんですが、クリックの反応が良くないですね……絵を描くのも不自由したので、そのうち充電式のペンを買おうと思います。

カバーケース

ちょっと乱暴に扱っても平気、な値段ではありますが、ある程度は保護したいのでカバーをつけました。カバーで自立、カバーを開けるとスリープ解除、などの機能はやはり便利です。カバーの重量がプラスされて重くなるのがネックですが、まあ許容範囲かなと。
あとこれをつけておくと、キーボードの溝にジャストフィットします。

使い心地は最高

当初の目的を果たせるかどうかですが、無事にこの記事の草稿を電車移動中に書き起こせました。
DropBox Paper(文章を書くのにこれほど快適なUIは他にないと思っている)で書いてオフラインで保存して、帰宅してからWi-Fiで同期して、同期完了したものをパソコンから推敲して体裁を整えて投稿。

これならいける……!

更新できそう……! タブレットで下書きから投稿まで全部やればいいとは思うんですけど、調べ物しながら書くので、ウィンドウやタブの切り替えがサクサクできないスマホやタブレットだと限界があるんですよね。

ともかくパソコンに触れる時間がめっきり減ってしまっていたので、サイトをどうしようかと思っていたのですが、これなら何とかなりそうです。まだ使い始めたばかりなので今後は分かりませんが、現時点では大満足です。

環境が整ったので早速マンガのネタを練ったり、先月行ってきた藤田庭園や高照神社の刀剣展・流鏑馬イベントの感想もガンガン書き進めたいところです。
新しいおもちゃで遊ぶのは楽しいな~。

Skeb描きます!

Skebは有償でイラストのお題を送れるサービスです。
どんな内容のサービスかはここここを見てね。
春呼屋のこんな絵を見てみたいな、こんなお題を送ったらどんな絵を描くのかなって思ったらリクエストしてみてください。
とても簡単で気軽なサイトなので、試してみてね!

2018.10.20備忘録

Posted by 春呼屋