弘前クリエイターズバンク2019に参加してきました

備忘録

青森で在宅ワークをしながら、ゲーム開発会社のスタッフと一緒に仕事を行い、青森でクリエイターが自活できるようにしたいという取り組みのガイダンスに参加してきました。

とても面白い話をたくさん聞かせていただきましたよ~。

弘前クリエイターズバンク(以下弘前CB)さんはゲーム開発会社デザインアクトさんの一部署という位置付けとのことでしたが、ゲーム以外の案件もたまに来るそうです。プロジェクションマッピングやアニメーションなど多岐に渡るとのこと。創作の方向性がゲーム向けではなかったとしても、弘前CBさんに登録してスキルアップを続けていくことで、やりたいお話が来ることもあるかもしれません。
おでかけライブに参加していて魅力的だなと思う方々をお見掛けしますので、このプロジェクトをご存知ない方がいらしたら是非チャレンジして欲しいなぁと強く思いました。数年前からの取り組みとの事なのでご存知の方も多いとは思うのですが、私は今年初めて知ったのでまだの方は是非是非。

何でそんな推すかと言うと、将来的に青森在住のクリエイターが独自にコンテンツを作り、青森で発信していく為の種を蒔いていきたいという妹尾昭吾さんの考えにたいへん共感を覚えたからです。
妹尾さんは弘前市のマスコットキャラクターたか丸くんをデザインした方で、デザインアクトさんの取締役をなさっています。こちらのインタビュー記事にその旨が掲載されていました。

ゲーム開発に携わることがなくても、青森で面白いことをやりたい! という気持ちでこの創作活動を続けていきたいと改めて思いました。
実際、今の活動を始めてから青森で様々な方が様々な活動に取り組んでいるのが見えるようになったんですよね。私もそういう一人になっていきたいものです。

そういえば、イラストレーターにしろ3Dモデラーにしろ、たった一度の応募で落ちて、それで諦めてしまう人がとても多いそうです。スキルアップしてまた応募してきてもらえれば、そのやる気を評価するというお話もありました。
つい受験のように一度きりのチャンスと考えてしまうのですが、何回でも同じ会社にチャレンジしてもいいんだよというのは、目から鱗が落ちる思いでした。固定観念に縛られがちなんですよね。
このプロジェクトでも与えられる課題をクリアしていくのですが、途中でクリアできなくても、スキルアップしてからまた課題を受けることが可能なのだそうです。勇気が湧きますね!

何にでも挑戦してみよう! やってみたい! という意欲をたくさん貰ったので、このプロジェクトに参加して力試しをしたいと思っています。ので、またちょっと顔を出さなくなると思います。途中経過は投稿しに来るかも。

ちなみに、過去の作例を一度見せないといけないのですが、力作数点でもいいよというお話でした。チャレンジしてみたい皆さん、来年、参加してみてはいかがでしょうか!

Skeb描きます!

Skebは有償でイラストのお題を送れるサービスです。
どんな内容のサービスかはここここを見てね。
春呼屋のこんな絵を見てみたいな、こんなお題を送ったらどんな絵を描くのかなって思ったらリクエストしてみてください。
とても簡単で気軽なサイトなので、試してみてね!

備忘録

Posted by 春呼屋